前へ
次へ

行政書士についてのご紹介

行政書士の国家資格取得するため毎年筆記試験がおこなわれています。全国都道府県で11月第2日曜日におこなわれていると言われています。総務大臣が試験期日や試験科目、試験の方法や合格発表日、合格証や試験の公示などの試験の骨子を定めているようです。行政書士の試験科目には、業務に関する法令として憲法や民法、行政法、商法、基礎法学などが設けられています。出題方式としては、5つの選択肢から1つを選ぶという択一式と、40字程度の記述式との組み合わせになっていると言われています。行政書士法第1条では、この法律は行政書士の制度を定め、その業務の適正を図る事により、行政に関する手続きの円滑な実施に寄与し、あわせて国民の利便に資することを目的としています。

top用置換

top用置換2
Page Top